HOME > 病気のご説明 > 腰の病気

急性腰痛症(ぎっくり腰)

腰の筋肉の異常な緊張や椎間板にできた小さな傷、腰の骨の関節(椎間関節)での炎症などにより起こる急性の腰の痛みと考えられています。
安静にして自分の楽な体勢で寝て(多くは腰と股関節、膝関節を丸めてエビのように丸まっている体勢)動かなければ痛みがないもので、安静にしていてもひどく痛いものは内臓疾患や他の病気を考える必要があります。急性腰痛症は椎間板ヘルニアなどの他の病気を除外することで診断される(除外診断といいます)病気です。
一般的に1週間以内で速やかに改善します。逆に言うと1週間経過を見てもあまり改善しない場合は他の疾患を考える必要があります。
腰痛には内臓疾患の他にも椎間板の感染(化膿性脊椎炎)や骨折(椎体圧迫骨折)腫瘍の骨転移などにより起こるものもあり(腰痛のレッドフラッグといわれ、見落とすと大きな問題である腰痛です)、適切な診断を行うには、医師が比較的まれな疾患をより多く経験しておくことが必要となります。
院長は脊椎脊髄病医として脊椎疾患治療を専門としております。
一般的なお薬やトリガーポイント注射、腰痛バンド固定による治療のみならず運動リハビリを行います。
たとえ数日でも腰が痛くて動けないということは日常生活を送るのに大変不自由ですので、早く健康な日常生活に戻っていただけるよう努力します。
朝起きて顔を洗おうとしたら....急にいたたたたー動けないー

腰部椎間板ヘルニア

腰の椎間板が飛び出して腰の神経を圧迫して神経に強い炎症が起きることで、腰痛、下肢のしびれやひどい痛みなどが起こります。一般的に急性期には安静にしていても痛みがあります。

ひどい場合は足の力が入らなくなったり(筋力低下)、排尿の障害を起こすこともあります。

お薬による治療に加え、プロテックによる運動リハビリ、コルセットによる治療が有効です。
症状によっては手術による治療が必要な場合もあり、なかでも筋力低下や排尿障害がある場合には早急な手術治療を要します。

院長は脊椎脊髄病医として脊椎疾患治療を専門としております。

一般的なお薬などによる保存治療のみならず首から腰まで様々な脊椎疾患の手術治療をしてきた経験をふまえて、症状や病状に応じて最適と思われる治療を提案させていただきます。 
腰部椎間板ヘルニアのイラストです。
HNPの矢印が椎間板ヘルニアです。
矢印が椎間板ヘルニアです。

腰部脊柱管狭窄症

加齢による骨の変形や靭帯(黄色靭帯)の肥厚により、腰の神経の通り道が狭くなり神経が圧迫されることで、下肢のしびれや痛み、しばらく歩くと下肢のしびれや痛みで歩けなくなり休憩するようになる(間欠性跛行)などが起こります。

ひどい場合は足の力が入らなくなったり(筋力低下)、排尿の障害を起こすこともあります。

お薬による治療に加え、運動リハビリ、コルセットによる治療が有効です。
症状によっては手術による治療が必要な場合もあり、なかでも筋力低下や排尿障害がある場合には早急な手術治療を要します。

院長は脊椎脊髄病医として脊椎疾患治療を専門としております。

一般的なお薬などによる保存治療のみならず首から腰まで様々な脊椎疾患の手術治療をしてきた経験をふまえて、症状や病状に応じて最適と思われる治療を提案させていただきます。   

正常では神経の通り道は広いです。
正常では神経の通り道は広いです。 MRI画像
脊柱管狭窄症では神経の通り道が狭くなります。
脊柱管狭窄症では神経の通り道が狭くなります。 MRI画像

腰椎椎体骨折

転倒して尻餅をついたりして起こることが多い骨折で、腰や背中に痛みがでます。

軽微な外傷で起こることも多く、車のブレーキを踏んだときに起きたと思われる例や、ジェットコースターの停車時に起こったと考えられる例も経験しています。

骨粗鬆症がベースにあることが多く、特に原因に覚えがなくても発症することもまれではありません。

骨折直後のレントゲンでは骨折がはっきりしないものもあり、診断が容易なものばかりではありませんので、追加検査が必要なこともあります。

腰の骨折した骨がつかないと偽関節という状態になり、ずっと骨折部がグラグラ動くため、腰や背中の痛みがずっと続く他に、神経圧迫のため下肢が痛んだり、下肢に力が入らず歩けないなどの麻痺がでてしまうこともあり、場合により手術が必要となります。

ギプスやコルセットによる固定による治療をしっかりしていただきます。
コルセットが
外せるようになるには通常2~3ヶ月かかります。   

お薬として、痛みがひどい間は痛み止めを使用します。またギプスやコルセットなどの固定をすると便秘になる方もみえるのでその場合は調整できるように下剤も処方します。

この骨折の原因には骨粗鬆症がかくれていることが大変多いので、ぜひ骨密度の検査を受けていただき、必要であればお薬による治療を開始することがさらなる骨折を防ぐために大変重要です。

パワープレートを使用した運動リハビリには、骨密度を増やす効果のほか、下肢筋力の強化、バランス能力向上による転倒予防効果もあり、きつい運動ができない高齢の方のトレーニングとして無理がなく、非常に効果的なので、骨折治療後はパワープレートを用いた運動リハビリ治療をおすすめします。

詳しくは骨粗鬆症のページと、当院のご案内のページにある運動リハビリ機器のご紹介のパワープレートについてもご覧下さい。

正常の腰骨は四角くて骨の縦横の梁が密です。
骨折するとつぶれてしまいもとの四角には戻りません、骨の縦横の梁も粗になります。
腰と太ももの骨密度測定器です。
パワープレートです。

腰椎分離症

スポーツによる病気のページをご覧ください
腰椎の椎弓という部分に疲労骨折による分離が見えます。

当院の電話番号は(0562)54-0770 です。 

 

理学療法士さん 医療事務さん募集しています。

新卒の方も大歓迎です

 
    

QR CODE

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで携帯版ホームページへアクセスできます。

理学療法士さん 医療事務さん募集しています。